東北太平洋沖大地震

11日金曜日の午後3時前、浅草雷門の商店街付近を歩いていました。
足元がふらつき、おかしいな?と思っていたらあたりの街路灯やビルが
激しく揺れ出し、今まで経験をしたことが無い地震に襲われました。
もう少し長く続いていたらビルが倒壊しそうな勢いで、大変な恐怖でした。
歴史上類をみない大規模な地震。
まだまだ余震も続いています。

広範囲に亘る東北地方の状況は信じられない光景ばかりで、言葉になりません。
津波の威力がこんなに凄まじいものとは思いませんでした。
何故ここまで大きな地震が発生してしまったのか・・本当に残念でなりません。
とにかく一人でも多くの方が救出され、復興を祈るばかりです。

かっちゃんの実家は千葉県浦安市ですが、ガスが止まり断水が続きました。
今は少しずつ回復してきています。
ライフラインの何が遮断されても、生活に支障をきたします。
今回かっちゃんの地域では、ライフラインにはほとんど影響がありませんでしたが、
ふだん何事もない生活がどれほど素晴らしく有難いか、改めて考えさせられました。

トイレに行けば水が流れる。スイッチ一つで電気がつく。
ボタン一つで温風が出てくる。お風呂が沸く。
電気やガス、水道が無い状態で現代人は生活できない事を、
経済活動ができなくなることを、思い知らされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。