いまどきのクスリ習慣①

“サプリメントの利用は飲み合わせに気をつけて”

最近は、乳幼児にもサプリメントを与えるお母さんが
増えているとか言います。
ビタミンやミネラルなどの場合でも、
与え過ぎは注意が必要です。
体内に蓄積し、弊害が起きる可能性もあるそうです。
また、子供の味覚を育てるためにも、サプリメントに頼らず、
食品で補うことが基本なのは言うまでもありません。

一方、大人の場合もその飲み方には注意が必要です。
多用は、持病を持つ人にとって症状を悪化させる可能性があるそうです。
例えば、肝機能の働きを高める「ウコン」は、
C型肝炎や非アルコール性脂肪肝炎の人が飲むと、含まれる鉄分で
症状を悪化させてしまうことがあるというから要注意です。

また、サプリメントによっては、持病のクスリの効果を
弱めてしまうものもあるらしく、なんでもかんでもサプリメントを
飲むことが良いのではない、ということを頭に入れておく必要がありそうです。

ちなみに、飲むときは「水」で。
お茶やコーヒーはカフェインやタンニンなどで吸収が悪くなってしまいます。
また、ラベルに書かれた用法を守ることが大切です。
食品代わりにと過剰摂取していると、健康障害が現れることもあるので
くれぐれも慎重にされて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。