いまどきのクスリ習慣②

“クスリの選び方に注意し健康管理も経済的に”

2009年6月、薬事法が改正され、スーパーなどでも
大衆薬が販売されるようになりました。

クスリは、副作用リスクの程度によって1~3類に分類され、
1類は薬剤師しか販売できませんが、2類と3類は、
クスリの特性などの知識を身につけた登録販売者が売ることが
できるようになりました。
そのため、スーパーなどでは登録販売者を置いて、
クスリの販売を始めるところが増えたのです。
でも、便利になったからと言って棚からレジに直行するのは
考えものです。
購入前にはパッケージを見て、服用方法や副作用を確かめ、
疑問があればきちんと登録販売者や薬剤師の方に質問を
しましょう。

一方、最近よく聞くクスリにジェネリックがあります。
先発医薬品の特許が切れたあとに発売され、割安な価格が特徴です。
服用中のクスリをこれに変えたいときは、医師に相談してみては
いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。