“がん”ってどんな病気?

●がんのメカニズム
人間の体には約60兆もの細胞が存在し、一定のルールによって分裂、
増殖を行いながら新陳代謝を繰り返しています。
ところが、いろいろな発がん物質などによって、何度も遺伝子に傷が付くと、
制御不能な細胞に変化していきます。
これが「がん=悪性新生物」です。
がんは正常細胞より分裂スピードが速く、無秩序に、そして無限に分裂、
増殖を繰り返していきます。
しかも血管やリンパ管に流れ込んでいろいろな臓器に転移したり、
周囲の組織や臓器に侵入(浸潤)したりします。

一口にがんといっても、多くの種類があります。
どのがんにも言えることは、初期にはほとんど自覚症状がなく、
ある程度進行してから症状が出てくることがほとんどだということです。
がんの病巣の進行度合いによって2つの段階に分けられています。

<早期がん>
胃がんや肺がんなど、がんのできた臓器によって定義も違いますが、
小さく、浅いがんで、転移や浸潤のない段階のがんをいいます。
(治癒率の高い段階です)

<進行がん>
これも定義がいろいろありますが、比較的大きく、深いがんをいいます。
すでに転移や浸潤を起こしていることが多い段階です。

がんの治療法の中心は外科(手術)療法ですが、必要に応じて、
抗がん剤治療や放射線療法などが併用されます。
これを集学的治療法と呼びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。