狭心症・心筋梗塞の治療法

●狭心症の場合
症状によっては薬物療法で経過をみることもあります。
外科療法として、狭心症では「大動脈一冠動脈バイパス術」、
「冠動脈形成術」のような、冠動脈を流れる血液量を増やすための
手術などが行われます。
大動脈一冠動脈バイパス術は、開胸する大がかりな手術ですが、
冠動脈形成術は皮膚の上から血管を通して行われるため、
体の負担は少なくてすみます。

●心筋梗塞の場合
狭心症の場合と同様に、冠動脈のつまったり狭くなった部分を
カテーテルを使って拡張する血管内の手術(経皮的冠動脈形成術)や
冠動脈バイパス術などの外科手術が行われます。
冠動脈形成術では、バルーンやステントと呼ばれる金属などを使って
血管の内腔を広げてあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。