脳血管疾患ってどんな病気?

●最大の原因は動脈硬化と高血圧

最も多い脳血管疾患は脳卒中で、原因により大きく
2つに分かれます。
脳の血管が詰まって血液が流れなくなるのが「脳梗塞」、
脳の血管が裂けて出血するのが「脳出血・くも膜下出血」です。
動脈が破裂し、出血してしまう最大の原因は動脈硬化と高血圧。
動脈硬化があるとつまりやすい上に、血液を通そうと高い圧力が
必要になり血圧が上がります。
血圧が高いと血管にいつも負担がかかるため、血管壁が
痛んでしまうのです。

<脳卒中の主な症状>
脳卒中の特徴として、意識がもうろうとしたり、手足が不自由に
なったりします。
特に脳梗塞の場合、目の焦点があわない、手足のしびれ、
めまい、ろれつが回らないことがあります。
また、脳出血の場合、頭が重い、吐き気がする、頭が激しく痛むなどの
前ぶれが見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。