桜の歌の思い出

先日4日に立春を迎えましたが、まだまだ寒いですね。
今日も寒い一日でした。
でもこの時期になるとそろそろ春の気配も心なしか漂います。
春は一年で一番好きな季節でもあるので、待ち遠しいです。
今年の冬が寒いだけに・・

「桜」の歌は数多くありますが、かっちゃんが一番好きなのは、
河口恭吾さんの「桜」でしょうか。
どこか悲しく切ない歌詞とメロディーなのですが、名曲だと思います。
昔、河口恭吾さんがテレビの番組で生ギター一本で弾き語りを
していたのを見てしびれたのを鮮明に覚えています。
その時からこの歌が大好きになりました。

桜の花は誰しも好きな花であると思いますが、
とても幸せを感じる花であり、その一方でちょびっと
はかなさと切なさを感じる花の様な気もします。

だからでしょうかね、この歌が好きなのは・・

もしよければ聴いてみて下さい、きっと癒されると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=vAV4w81Ypog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。