ご存じですか?セカンドオピニオンのこと

セカンドオピニオンは、「第二の意見」つまり診断や
治療方法について主治医以外の医師の意見を聞く事です。
主治医が提案する治療方法や治療を受けることに、
不安や迷いを感じる時などに利用します。

例えば、主治医としっかり話し合っても、
⇒その診断に間違いはないのだろうか?
⇒別の治療方法があるのではないか?
といった疑問が残るケースがあります。
その様な場合に、主治医以外の医師の意見を聞くことは、
患者ご自身でどのような治療を受けるか決断するための
一つの手段となります。
また、セカンドオピニオンを聞いた結果、主治医の治療方針に
納得できれば、安心して治療に専念することができます。

例えば、ガンと診断されて治療を行うとしたとき、
セカンドオピニオンが必要だと考える人の割合は
⇒必要と思う人が64.3%
⇒どちらかと言えば必要思うが25.3%
合計89.6%にもなります。
(がん対策に関する世論調査)

また、かかっている医療機関で不満を感じた時に
セカンドオピニオン外来などで別の医師に相談した
患者の半数以上が「役立った」と答えています。

オフィス山崎では、ご相談いただければ、万が一の場合
できる限りの情報提供とお手伝いを致します。
又、セカンドオピニオンサービスを受けられるサービスが
生命保険に付帯されている商品もありますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。