相続税の連帯納付義務

ご存知のとおり、生命保険「相続」は密接な関わりがあります。
税の世界には、チームワークが問われるものがあり、
それが相続税の『連帯納付義務』です。
ご存知の方も多いかとは思いますが、相続に関するマメ知識として
少しお話します。

相続税の納付においては、
お互い連携して納付しなければならない義務があります。
つまり相続人の中で誰かが相続税を納付しない場合、
他の相続人は、納付していない相続人の相続税や延滞税等について
納付を求められることになります。
たとえ、自己負担分の相続税納付が済んでいたとしても、
他の相続人の分も負担することになるという怖いお話です。

相続税の納期限は相続があったときから10ヶ月です。
まず、税務署は相続税を支払わない相続人に督促状や電話で
納税を促します。
それでもダメな場合は財産の差し押さえに動き、それでも回収のめどが
立たなかった場合は大変です。
他の相続人に『相続税の連帯納付義務のお知らせ』が送られます。
その後今度は『督促状』という形で、滞納している相続税額と延滞税の
支払命令がくるそうです。
これが相続税の連帯納付義務です。

相続税を分割払いする延納最長20年です。
つまり相続人のうちの誰かが20年の延納を組んでいる場合、
他の相続人は20年間連帯納付義務が生じる危険性にさらされる
ことになります。20年というと何が起こるかわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。