相続対策のすすめ

相続と聞くと、多額の財産をめぐる遺産争いや、莫大な相続税の負担が
予想される数十億円の資産を持つ一握りの資産家だけが心配することだと
思われがちです。
ご夫婦とお子様一人の家庭で遺産争いが起きることはまず考えられませんが、
資産が1億円を超えるとほとんどのご家庭で相続税の負担が発生することは
ご存知ですか?
例えば、ご主人が2億円の財産を遺し亡くなられた場合、奥様とお子様が
最終的に負担する相続税は2,890万円※、もしご主人より先に奥様が亡くなられた
場合には相続税は4,860万円※(2015年以降にに相続開始の場合)にも達します。

相続税を軽減するには3つの方法があります。
相続 納税対策→相続財産を減らす。
相続 税軽減対策→非課税枠を増やす
遺産 分割対策→財産の分け方を考える

代表的に3つありますが、できれば生前に分配と軽減を行いたいと思うはずです。
一口に相続対策と言っても簡単なものではありませんが、まずは持っている財産の
確認をし、どの財産を誰に残したいかから考える必要があります。
そのご希望を元に対策を考えていくことになります。
対策の実施の際に、必要な場合は外部の専門家もご紹介致しますので
お気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。