ブルガダ症候群の予防

心臓の病気である日突然亡くなることをよく聞きます。
私の知り合いでもそういうことがありました。
某記事に「心臓のケア習慣」ということで載っていたので
ご紹介します。

突然死の家族がいる男性は、早めの検査でブルガタ症候群の
予防を!

心臓の病気のなかで、男性が95%以上を占めるのが
「ブルガタ症候群」です。
特に持病がないのに突然亡くなってしまう、いわゆるポックリ病として
近年知られるようになりました。
心臓の左心室に突然、異常なけいれんが起きて、全身に血液を
送り出せなくなります。
病気を発見する手がかりになるのが、特徴のある心電図の波形です。
失神の経験がある人は、早めに心電図検査を受ける様にしましょう
また、血縁者に突然亡くなった人がいる場合も注意が必要です。

治療法としては、心臓にけいれんがが起きたときに、これを取り除く
除細動器を体内に装着します。
万一発作が起きても自動的に作動して、心臓の正常な動きを回復させて
くれます。
健康保険も適応されるようになっています。

病気の早期発見のためにも、心電図をはじめ定期的な検査を心がけたい
ものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。