飲酒習慣

社会進出などから、女性の飲酒率が上昇しています。
それに伴い、アルコール依存度に陥るケースも増えています。

女性は男性に比べて肝臓が小さく、アルコールを分解する力が
弱いこと、又、血中のアルコール濃度が高まりやすく、さらに、
女性ホルモンがアルコールの分解を抑えるため、男性よりも
アルコールの影響を受けやすいといわれます。
その結果、少ない量で、短期間でアルコール依存症になって
しまいます。

昼夜を問わずお酒が欲しくなる、断酒をしたりお酒の量を減らすと
イライラや不安を感じるなど、様々な症状が現れます。
そういえば、キッチンで缶ビール片手に料理を作っている主婦の
姿を見たことがありますし、その様な話をよく聞きます。

予防するには、自分の酒量を把握しておくことが大事です。
また、睡眠薬代わりに毎晩飲酒したり、休日の昼間から
一人で飲むのは、依存症になりやすといわれます。
注意してください。

●お酒とは正しいお付き合いを・・私も人のことは言えませんが(笑)
年末年始、飲みすぎには注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。