痛風になりにくい食事

昨今痛風になったことがある人が増えてきました。
痛風の原因は血液中の「尿酸」です。
その尿酸のとがった結晶が神経を刺激して『風が吹いても痛い』
という程の激痛を感じさせるのが痛風です。
尿酸は体内で作られるほか、プリン体の多い食物によっても入ってきます。

痛風予防の一つとして、このプリン体の多く含む食物を
制限することが挙げられます。
一番多いのが、動物のレバーなどのモツ類。
次いで牛肉・豚肉・エビ・イカ・背中の青い魚にもかなり
含まれています。

あまり神経質になる必要はありませんが、食べすぎないことが大事です。
アルコールはどれも飲んで一時間位で尿酸値が上がってくるほど
敏感なものです。特にビールには尿酸の元になる「グアノシン」という
物質が多く含まれるので要注意です!

私が好きなものばかりです。でも私の尿酸値は正常ですが・・
やはり食べすぎ、飲みすぎに注意・・ていうところでしょうか。。

(かねまん薬局健康カレンダー参照)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。