相続

最近、相続に関係したご相談が以前よりも増えてきました。
来年から、相続税の改正が行われることもあってのことだと
思います。

一番大きいのは、「基礎控除の縮小」により来年以降は
相続が発生した際、従来よりも相続税を払う人数も増えるし
相続税額も大きくなるということです。

生命保険金の非課税枠(500万円×法定相続人)については
今回の改正からは外されましたが、相続税対策は以前にも増して
必要なものになってくるように思います。

相続に関しては日頃から考えておかなければいけないと思っては
いるものの、遺産分割などとてもナーバスな部分が多く、
何も対策が取られず、いざ相続が発生すると慌ててしまうというケースが
殆んどだと聞きます。

そういう意味でも「遺言書」の作成は不可欠なもので、特に公正証書遺言は
後の遺産分割におけるもめごとを無くす上でも重要です。
現在、私のお客様でも遺言書の作成のご相談をいただき、お手伝いを
している方もいらっしゃいます。

とはいえ、年齢が若ければ今から遺言書を作ると言っても、今決められる
ものでもないし・・というのも最もです。
しかしながら、現金だけであればすっきり分割も可能だと思いますが、
不動産などが多いと難しい問題も起きてきます。

そういう意味でも一度機会があれば、シュミレーションをしてみて
場合によったら専門家に相談してみるのも良いかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。