のどを守る

昨年暮れの読売新聞に興味を引く記事があったのでご紹介します。

この季節は風邪が流行り、インフルエンザも流行する季節です。
風邪の予防はまず手洗いとうがい・・ですよね。
皆さんはどういううがいが効果的だと思われるでしょうか?

うがいは日本独特らしく、うがいのの習慣は他の国にはあまり無い様です。
はたしてガラガラうがいに効果はあるのか?
京都大学保健管理センター所長(教授)の川村孝さんによると、
川村さんが2005年に世界で初めて米学会誌に発表した研究結果は
意外なものでした。
『水道水のうがいだけで風邪が4割減少。うがい薬より効果が出た』
いうのです。
うがいをしない場合に比べて、薬をつかった場合に風邪をひいた人は
一割少ないだけだったが、水だけのうがいでは4割も減少。
うがい薬はヨード液らしいのですが、ヨード液は殺菌効果が強すぎて、
外部へのバリアになる常在菌まで駆逐したせいではないか?と
おっしゃっています。

川村さんおすすめのうがい法は・・
①水道水で
②まず口をすすいで口内の汚れを取る
③ガラガラうがいを一回5秒以上、数回行う

大事なのは習慣にしてこまめに続けることだそうです。

●水道水が効果的なのは助かります。
 風邪はひきたくないですからね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。