怖い高血圧

健康診断や人間ドックで、初めて発見されることが多い高血圧。
初期ではそれくらい自覚症状が殆どないのが特徴です。
しかしこの状態が長年続くと、あちこちの臓器に障害がでてきます。
高血圧が原因で起こる臓器障害が怖いのは、生命に直接関係する
心臓に、それも突然発生するからです。

脳出血は、0.2~0.3mmという脳の細い血管が破裂するものです。
脳梗塞はもう少し太い1~3mm位の血管がつまるものです。

いずれもある日突然起こります。
よほど血圧が高い場合は頭痛や目まい、吐き気といった症状が
出ますが、直前まで何も自覚症状が無くても、
咳をしたり寒いトイレで血圧が急上昇して、致命的な病気に
直結することがあるので要注意です。

●自覚症状がないところが怖い高血圧。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。