集学的治療とキャンサーボード

一つの治療法だけでは治療効果が上がらないと判断された時、
他の治療方法を組み合わせて治療成績を向上させようとする治療法を
「集学的治療」と言います。
例えば手術を担当する外科医、放射線治療を担当する放射線科医、
化学療法を担当する内科医、等が協力してその患者に最もふさわしい治療を
行うのも集学的治療の一つです。

キャンサーボードについて簡単に調べてみました。

がん治療の基本的な体系としては、手術療法の他、化学療法放射線療法
骨髄移植ミニ移植がありますが、それぞれの領域の進歩は非常に早く
当該診療科だけの知識や経験だけでは必ずしも最良の医療を提供できない
状況が一方であると言います。
この状況を解消するために設置されるのがキャンサーボードです。
キャンサーボードとは、外科、内科、化学療法科、放射線科、病理科など
各専門領域の医師が一堂に会して、一人のがん患者さんの治療法を
包括的に議論する場
のことを言います。

●一部都立駒込病院ホームページより抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。