銀行窓販の全面解禁

来月12月1日から、保険商品の銀行販売が基本的に全面解禁になります。
現在の情報では、メガバンクを中心に【保険の特殊部隊】を作りスタートする様です。
保険業界における規制緩和は、いよいよ本番を向かえようとしています。

我々代理店にとっては、もちろん環境は厳しくなっていくと思いますが、
顧客にとっては選択の幅が広がるので、プラスかも知れません。
しかし、個人的には今の流れが消費者にとっていいことばかりではないと
実は考えています。

昔から、『量よりも質』が大切であり、クオリティーの無いところに上質のサービスを
提供するのは難しいと、私は思ってきました。
「顧客に支持されること」 は、決して簡単なことではありません。
それが証拠に、量、数字しか追わなかった結果が、最終的には処分を受けたり、
破綻したりしていることが多いのが現実です。
そういう意味で、今の流れがすべてプラスの事ばかりではないのではないか・・
と思うのです。

消費者にとって、『本物』 を見極めることが、大切な時代かも知れません。

●私も普遍的なものは守り、環境の変化に対応できる様にしていこうと思います。
 一日一日が勉強です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。