告知の不公平?

保険加入の際、過去5年間の健康告知があります。
入院暦やある一定の通院暦などありのままを告知しなければいけません。
しかし、果たして本当に告知は公平なのかな?と思う部分があります。

保険会社によって引き受けの査定が違い、一つの疾病をとっても
査定がゆるい会社と厳しい会社があります。
ですので、告知事項がある方にはなるだけ加入しやすい保険会社の選択を
したりもします。これは別に問題はありません。

でも、告知書の質問事項の一つに『2年以内の健康診断・人間ドックの結果等』
質問している部分があり、ここは少々不公平ができてしまっている様に感じます。
なぜならば、健康にいつも気を使い、定期的な検診を常に受診している人は
ある程度年齢を重ねれば指摘事項が出る確立が増えてくるからです。
そうなると告知書に記入の義務が発生してきて、
場合によっては加入できないこともあります。

逆に検診を全く受けていない人は治療をしていなくても、
“わかっていないだけ”という事が結構あるように思います。
でもわかっていなければ当然告知しなくてもいい、というか
告知しようがないわけです。
・・ということは保険の加入も問題なくできます。

なんだか矛盾を感じますね。
でも、定期検診はこれからの時代とても大切なことです。

●検診を受けて健康な体を常に保つことが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。