痛風の予防

痛風の原因は、血液中の尿酸値が高くなり、
これが結晶となって激痛を起こすものです。

先天的に尿酸値の高い人には、
性格的に活動的、攻撃的な人が多く、
スポーツの名選手、政治家、経営者、学者、芸術家
といった社会的に大いに活躍している人が多いそうです。
こういう人達はご馳走を食べる機会も多いため、
一層痛風にかかりやすくなります。

一般的に注意をしなければいけないこととして
尿酸の元となる核酸を多く含む食物をひかえることです。
水分を多く摂り、尿の量を増やすのも有効だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。