肺の生活習慣病「COPD」

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、主に長年の喫煙習慣により
肺機能が低下し、せきやたん、息切れなどの症状が出る病気のこと。
聞き慣れないこの病気について正しく理解し、早期発見・治療に
役立てるための市民公開フォーラムが、日本医師会館大講堂で
開催されました。

COPDとはどのような病気なのか?
別名「肺の生活習慣病」とも言います。
患者数は増加傾向にあり死亡原因にもなっている病気です。
COPDは、症状が徐々に進行することから、あまり気にしていない
場合も多いらしいです。
しかし病気が重症化すれば生活の質が著しく低下する可能性もあり
早期発見、早期治療が大切となります。

COPDは「たばこ病」とも呼ばれていて、その原因のほとんどが
「喫煙」と言われている様です。
たばこのニコチン、タール、一酸化炭素などが肺や気管支を傷つけると、
炎症を起こしたり肺胞自体が壊れたりします。
また、周囲が吸っているたばこの煙を吸うことを「受動喫煙」と
言うのは以前にもお話しましたが、自分がたばこを吸わなくても
COPD発症の原因となることがわかっています。

●たばこは、様々な病気を引き起こします。
 喫煙は薬物依存症です。一気に断って解決するしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。