粒子線治療施設

昨日の読売新聞に、がん治療に特殊な放射線を用いる「粒子線がん治療施設」の 
新設計画、及び構想についての記事がありました。

がん患者は高齢化と共に増え、年に50万人以上が発症しているとされていますが、
体を切らない放射線治療が脚光を集めていて、中でも粒子線は、
すべてに効果があるわけではありませんが、正常な組織への副作用を抑えながら、
がんを集中して攻撃できるものとして
注目されています。

現在は全国に数箇所しかなく、自己負担が300万円(保険適用外)と高額なため
まだ一般的ではありませんが、着工・発注の他、建設や誘致の計画・構想が
十数か所にあると書かれていました。
一施設が約100億円かかり、「施設がどれだけ必要なのか」と
懸念する声もある様で、今後の議論になると思われます。

こういう最新の施設が増えることは、いいことだとは思いますが、
自己負担額の300万円が今後変わらないとなると、
どれだけの需要が見込めるのか・・・
確かに、乱立を懸念するのもうなづけるところです。

●粒子線治療は、「先進医療」として国から認められた治療です。
 がん保険等、民間の保険でも先進医療費として一時金給付がされる会社も
 あります。これから一般的な保障になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。