お見舞い

先日、お客様のTさんが細菌性急性腸炎で入院され、
今日お見舞いに行ってきました。
豚肉や鶏肉の調理が不十分だったりするのが原因らしいですが、
最近結構増えていると言います。
今回Tさんと色んな話ができ、お見舞いの大切さを痛感しました。

例えば・・・
痛くなる数日前に焼き鳥屋さんに行ったこと。
腹痛が始まってから、救急車で運ばれるまでの細かな経緯。
レントゲンでは原因が判らず、CTでやっと原因が判明したこと。
体は元気だが、4日間何も食べてはいけなくて、
水分も摂ってなく、点滴のみであること。

それとか・・・
とにかく何も口に入れてはいけないのに、
医者に隠れてガムを噛んでること(笑)
病院の下で一番いけないタバコを吸ってること・・・(これは叱りました)
本当は2週間入院しなくてはいけないらしいのですが、
「病院で年は越したくない」と先生にお願いしている話とか・・・

直接会うことで色んな状況がわかり、アドバイスもできました。
もちろん、入院保険の請求の案内もしましたが、
少し嬉しかったのは、「こないだ、保険見直しといて良かったよ」
と言ってくれたことでした。。

●お客様が入院された時、金銭的な不安を取り除くことと
 精神的なケアをすることが、私の大切な仕事だと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。