復活

万が一契約が、「保険料未納」で失効してしまった場合でも、
契約を「復活」させることができます。
要するに、再び契約を元の状態に戻すことです

ただ、越えなければいけないハードルがあり、
ケースによれば、復活できないこともよくあります。
いくつか実際の例に基づいてご紹介します。

①初めの契約時に医務的に何の問題もなく、且復活時も問題がない場合
 →再度告知書を提出して未納分と、
  口座引落しが復活する期間の保険料を支払い完了。

②初めの契約時には医務的に問題はなかったが、
                            契約後から失効までの間に告知することがある場合
 →告知の内容によっては、契約に条件がつくこと
  又は復活できないことがあります。

③初めの契約時に医者の診査を受け、何かしらの契約条件がついている場合
 →再び診査を受けなければいけないことがあり、
  復活が困難になる可能性が大きくなります。

いずれにしても、失効さえしなければ起こらないことではあります。
また、健康でさえいれば復活または、新たに契約し直すことは可能です。
ただ、失効と同時に保険事故(入院や死亡)が起きると、いずれのケースでも
保険金の支払いができません。

意外と〝そんな時に限って〟・・・が多いので充分に注意しましょう。

●復活はそれぞれの商品に定められた期間内でしかできません。
 復活できない商品もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。