「後期高齢者医療制度」とは?(1)

高齢化の進展で増え続ける医療費を適正化するため、
75歳(一定の障害がある人は65歳)以上の高齢者
公的医療保険制度から切り離し、
新たな保険制度を設ける『後期高齢者医療制度』2008年4月からスタートします。

これまで、後期高齢者(75歳以上)は国民健康保険や被用者保険に加入して
保険料を払い、市町村が運営する老人保険制度による給付を受けてきました。

新制度では、75歳になると全員が
後期高齢者だけの医療保険に入ることが義務付けられます。

今後は都道府県単位で運営し、全市町村が加入する広域連合が財政を管理し、
市町村が保険料を徴収します。
75歳以上の高齢者は現在約1300万人
患者負担を除く医療給付費約10.3兆円のうち、
公費(税金)で5割、公的医療保険からの支援で4割、
残り1割を高齢者の保険料でまかないます。

しかし、これも7年後には増えます。後期高齢者の人口に占める割合が増えると、
連動して保険料の割合も増える仕掛けだそうです。
保険料の滞納が続くと保険証の取り上げもあるとか。。

高齢者はこれから見捨てられる国なのでしょうか?
負担は間違いなく、どんどん増えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。