愛されるサービス

私の家の近くに「おいしい焼肉屋さん」があり、時々行きます。
店長を含め、店員のサービスもそれなりなので、長年通っていました。

先日お祝い事があり、私の推薦で13人の予約をして行きました。
新しい若い女性店員2人が入っていました。
注文の取り方、話し方、お皿の出し方、どれをとっても最低になっていました。
とても気分が悪い2時間で、二度と行きたくないと思ったのです。
最低限のサービスの基本を教えない店長に責任があると思いました。

「お運びやさん」だけでは、サービスとは言えません。
「愛されるサービス」を心がけなければ、繁盛店にはなりません。
「エンターテイナー」になれ!とは言いません。
最低限、お客が気分を害さないサービスをしなければいけないと思いました。

できれば『愛おしいサービス』をすることが、ファンを作ると思うのです。

味はいいのに、全くもったいない話ですね。

●私の仕事にもあてはまることです。肝に銘じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。