指定代理請求特約の必要性

「指定代理請求特約」とは被保険者に代わって、
指定代理人が保険金・給付金等を請求できる特約のことです。
例えば、事故や病気で寝たきり状態となり、意思表示が困難である時や、
がん等に罹患した事実を医師から告知されておらず、
ご家族のみが知っている時などに、予め指定された「指定代理請求人」
被保険者に代わって請求することができます。

指定代理請求人の範囲は、被保険者の戸籍上の配偶者または被保険者の
3親等内の親族から指定代理請求人1名を指定することができます。
指定代理人が指定されていない場合や、指定代理人も請求できない
事情がある時などには、被保険者の戸籍上の配偶者親または子
兄弟姉妹、の順で被保険者に代わって保険金・給付金等を
請求することができます。これを「代理請求」といいます。

先日、私のお客様が脳梗塞で倒れられ、失語症を伴ってしまわれました。
明らかに現状では自分で請求ができないと思われます。
幸い指定代理請求特約を付けていましたが、この様なケースは
意外と多くあるものなのかも知れません。
付けることをお勧めします。

●無料で付けられる特約です。付けた方が安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。