がん保険の選択

もうお馴染みになったがん保険ですが、がん保険を日本に初めて
上陸させたのは、アヒルで有名なA社でした。
当初は縁起でもない“がん”の保険などとんでもない!と言われ、
がん保険って、“ピストルのガン保険?”と勘違いされる程認知が低かったそうです。
それが今やどこの保険会社でも販売される様になり、
がん保険のニーズは年々高くなっています。

今2人に1人ががんに罹る時代です。
がん保険を選択する時、どの様な観点で選択するのが良いのでしょうか?
人それぞれ違いますが、昨今の病院事情として入院日数が短縮される中
「入院給付」よりも「診断一時金」の役割が大切であると、かっちゃんは考えています。

がん保険の目玉は何と言っても「診断給付金」です。
診断されたら、一時金で100万円とか200万円とか給付されるので、
治療にまつわる様々な出費に備えることができます。
入院日数が少なくて外来治療でも問題はありません。

この診断給付金の各社の支払い基準も様々です。
1回しか給付されない商品もあれば、複数回給付される商品もあります。
それを選択できる会社もあります。
初期のがん(上皮内新生物)の場合については、
診断給付金の10%になる会社もあれば、
50%、又は100%給付される会社もあります。

保険会社によって、微妙にそれぞれ長所、短所があります。
今の時代、保険料の安さが選択の優先順位として高いことはありますが、
保険料だけで、決定するのはあまりお勧めできません。
自分にとってどの保障が必要か、何が優先順位か、
支払われる細かい基準もチェックして
自分にとってベターな商品を選択することが大切です。

●複数社の商品で選択することが、より自分に合った保険選びに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。