樹状細胞ワクチン療法

前回のがん免疫細胞療法のお話しの続きです。

「樹状細胞ワクチン」を使った最新の免疫療法のお話がありました。
がんだけを狙い撃ちする最新の免疫療法であり、副作用がほとんどなく
入院の必要もないので普段は家族と一緒に暮らしたり、
旅行に行ったりすることも可能だと聞きました。
また、免疫の持続性が高く、進行・再発・転移がんだけでなく、
手術後の再発の予防にも効果が期待できます。

樹状細胞は軍隊の指揮官のような存在で、兵隊である体中のリンパ球などに
がん細胞を攻撃するように命令を出すことができます。
樹状細胞ワクチン療法は、外で培養した大量の樹状細胞に、
ご本人のがん組織や人工的に作られたがんの特徴を覚えさせて
体内に戻し、免疫細胞達にがん細胞を攻撃させる画期的な治療法

言えます。
標準治療での選択肢がなくなってしまった患者さんの約3割で
がんの縮小、進行停止が確認されているとの事です。

この様な最新世代の免疫療法がいつでも利用できれば良いのですが、
気になる治療費はかなり高額です。
保険適用にならないので、すべて自費診療になります。
1セット約170万円~230万円かかります。
これだけ優れた治療法ですから、将来的に保険適用になるのではないかと
個人的には思いますし、そう期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。